コロナ禍でも必要な受診を!

  • この記事の対象年齢
  • 保護者向け

コロナ禍でも必要な受診を!

過度な受診控えは、健康上の危険性を高めてしまう可能性があります。
コロナ禍でも、健診や持病の治療、子どもの予防接種などの健康管理は重要です。
定期的に健診やがん検診を受けることが、生活習慣病の予防や、がんの早期発見・早期治療につながります。
健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医・かかりつけ歯科医に相談しましょう。

詳しくはこちらからご覧ください。厚生労働省の「上手な医療のかかり方」ホームページにリンクします。

もしかして、控えていませんか?厚生労働省作成チラシはこちらから[PDFファイル]



 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課