楽しく進めよう、離乳食

  • この記事の対象年齢
  • 0歳
  • 1歳

楽しく進めよう、離乳食

離乳食って何? いつから始めるの? いつまでするの?


 離乳は、母乳や育児用ミルク以外の食べ物を食べることに、少しずつなれていき、幼児食が食べることができるようになるまでの期間を言います。期間は5から6か月頃の間に始めて、完了するのは1歳から1歳6か月までの間になり、この期間中に食べるものを、「離乳食」といいます。
 
月齢 5から6か月 7から8か月 9から11か月 12から16か月
口・くちびる・舌の動き 口に入った食べ物を、飲み込むことができる位置まで送る。なれてくると、下くちびるが内側に入り込む。舌は前後に動く。 口の前の方を使って食べ物を取りこみ、舌と上あごでつぶす。口の角が左右同時にひかれるとともに、唇が薄くなる。舌は上下に動く。 舌と上あごでつぶせないものを歯ぐきでつぶす。かんでいる側の口の角が縮む。舌は左右に動く。 前歯でかみとり、奥歯ですりつぶす。口へ詰め込みすぎたり、食べこぼしたりしながら、一口量を覚える。
離乳食の
固さや大きさ
ポタージュくらいの、なめらかにすりつぶした状態。 豆腐ぐらいの、舌でつぶせる固さ。3から5㎜角。食材にあわせて粗くつぶす。 バナナぐらいの、歯ぐきでつぶせる固さ。5から8㎜角。 肉団子ぐらいの、歯ぐきで噛みつぶせる固さ。1㎝角。
食べさせ方の
ポイント
赤ちゃんの姿勢を少し後ろに傾けるようにする。
スプーンを下くちびるにあてるか「あーん」という声かけで、口を開けるのを待つ。スプーンのくぼみ部分を下くちびるにのせ、赤ちゃんが口を閉じてから、スプーンを引き抜く。
口から離乳食が出てしまったら、スプーンですくって口に入れてあげましょう。
つぶした食べ物をひとまとめにする動きを覚え始めるので、大きさや固さとともに、飲み込みがしにくいものはとろみをつける。
平らなスプーンを下くちびるにのせ、上くちびるが閉じるのを待つ。
丸みのあるスプーンを下くちびるの上にのせ、上くちびるが閉じるのを待つ。
軟らかめのものを、前歯でかじり取らせる。
 
手づかみ食べを十分にさせる。
手づかみ食べがしやすい形や大きさにする。
汚れてもよいように、テーブルなどの下に新聞紙やシートをしくとよい。
スプーンやフォークなどを使って食べる。

離乳食に使える食べ物って何? いつから使えるの?

  5から6か月頃 7から8か月頃 9から11か月頃 12から16か月頃
穀類
 
10倍がゆ(米1に水10倍)を炊き、米粒をていねいにすりつぶす。慣れてきたら、つぶし方を少し粗くする。 7倍がゆ(米1に水7倍)を目安にし、軟らかく炊けば、米粒をつぶさなくてよい。 9か月頃は5倍がゆ(米1に水5倍)を目安にし、慣れてきたら軟飯(米1に水3倍)にしていく。 軟飯に慣れたら徐々にごはんにしていく。家族の食事から取り分けたごはんがかたい時には、湯を加えてラップし、電子レンジで加熱するとよい。
パン 耳を除いて細かくちぎった食パンに、育児用ミルク、または野菜スープを加えて加熱する。冷凍したパンをすりおろして使うと、なめらかな口当たりのパンがゆが出来る。(おかゆに慣れてからにしましょう。) 小さくちぎり、育児用ミルクや牛乳(加熱して用いる)、野菜スープなどでさっと煮る。または、浸す程度でもよい。 軟らかいパンは、小さく切りそのまま与える。トーストは、育児用ミルクや加熱した牛乳に浸して与えると食べやすい。手づかみ食べができるようなら、持ちやすい大きさに切って与える。 うすく切った食パンにバターやジャムを塗って、ロールサンドにすると手に持って食すべやい。
 
いも じゃがいも、さつまいもを軟らかく煮てつぶし、ゆで汁でゆるめる。 じゃがいも、さつまいも、里いもを蒸したり、うす味で煮たものをやや粗くつぶし、湯や煮汁でゆるめる。 つぶし方を粗めにする。 9から11
月頃と同じ。
素揚げ、天ぷら、コロッケなどにしてもよい。
めん 乾麺を軟らかくゆで細かく刻み、だし汁で煮込む。麺類には塩分が含まれているので、ゆでた後によく水洗いする。(離乳食に慣れてからにしましょう。) そうめん、うどんの他、マカロニや細めのスパゲティも使える。軟らかくゆで、米粒大に刻む。 軟らかくゆで、1から2㎝くらいの長さに切る。
軟らかくゆで、2から3㎝前後の長さに切る。
野菜・果物 最初は食べやすく、調理もしやすいかぼちゃ、かぶ、にんじん、大根、トマト(皮と種を除く)などを使い、軟らかく煮てつぶしたものを煮汁でゆるめる。徐々にほうれん草の葉先、キャベツ、白菜、玉ねぎ、ブロッコリー(つぼみの部分)なども使用出来る。 なす、トマト(皮と種を除く)、きゅうり、ピーマン、カリフラワー、ねぎ、ニラ、アスパラガス、さやいんげん、さやえんどうなどを軟らかくゆでる、煮るなどして、刻んだり粗つぶしにしたりして用いる。 食物繊維の多い野菜以外は、軟らかく煮れば、ほとんどの野菜、果物を使うことができる。 手づかみをしたい子どもには、手に持ちやすい大きさに調理する。 9から11か月頃と同じ。
素揚げ、天ぷらなどにしてもよい。

たんぱく質性食品
 
大豆製品 豆腐をゆでたものをすりつぶす。絹ごし豆腐のほうがなめらかになる。
納豆は細かく刻んで加熱する。(炒め煮、納豆汁、おじやなど)高野豆腐はそのまますりおろし、米がゆ、野菜の含め煮、みそ汁等に入れて加熱して使う。 大豆は軟らかく煮たものをつぶして与える。丸のままだと気管に詰まることがあるので、必ずつぶして与える。納豆・高野豆腐については7から8か月頃と同じ。 厚揚げ、がんもどき、油揚げは油抜きし、煮つけや汁の実に使える。
魚介類 比較的脂肪が少なく、肉質の軟らかい、味の淡白な白身魚を使う。茹でた後よくつぶしてかゆや野菜と混ぜたり、汁物に入れる。とろみをつけると食べやすい。しらす干しはさっとゆでて塩分を除いてすりつぶし加熱する。 白身魚に慣れたら赤身魚を。加熱したものを細かくほぐして与える。さけやツナの水煮缶を細かくほぐして使ってもよい。 いわし、さば、さんまなどの青皮魚を用いるときは新鮮なものを選び、十分に加熱する。

新鮮でうす味のものであれば干物も与えられる。大根おろしやごはんと混ぜるなどして塩分を調整する。
まだ使いません 脂肪分の少ない鶏のささみが適している。ささみは長いまま凍らせておき、すりおろして調理するとなめらかに仕上がる。 豚、牛の赤身肉を使うことができる。最初はひき肉が調理しやすく、食べやすい。
レバーも少量なら鉄分補給によい。
ハンバーグや肉団子などを取り入れる。うす切り肉を細かく刻んで使用することもできる。
ウインナー、ハムなどは添加物や塩分の少ないものを選び、加熱して用いる。
まだ使いません 初めは固ゆでにした卵黄を使う。慣れたら完全に火を通した全卵を使用する。 全卵が使えたら、徐々に量を増やしてもよいが、完全に火を通す。 だし巻き卵、オムレツ、卵サンドイッチなど様々な料理に取り入れる。
乳製品 まだ使いません 牛乳は調理用に使う程度であれば、加熱すれば使用できる。
ヨーグルトはプレーンタイプを使用。チーズは塩分や脂肪の少ないものを、かゆやシチューなどに入れて煮溶かすと食べやすい。
7から8か月頃と同じ

7から8か月頃と同じ。
牛乳は1歳を過ぎると飲用として与えてもよい。
味付け だし汁、野菜スープでのばす程度。 塩、しょうゆ、味噌、砂糖、植物油を大人の3分の1から4分の1程度を使用する。 だし汁を中心に、素材の味を生かして、大人より薄味にする。
ケチャップが使える。
それぞれの食品の持ち味を生かしながら、うす味で調理する。油脂類の使用は少量にする。

離乳食をすすめる時のポイント
 衛生面や、おかゆ・だしの作り方や、便利なホームフリージングの仕方などはこちらをご覧ください[311KB PDFファイル]

 

離乳食ってどうやって進めるの? 5から6か月頃



 離乳食は、母乳や育児用ミルクを与えていた時間に与えます。先に離乳食を与えてから、母乳や育児用ミルクを欲しがるだけ与えます。与える時間は、保護者の方がゆったりとお子さんと向き合える時間で、お子さんの機嫌が良い時にします。時間が決まったらあまり前後しないようにします。
 離乳食を始めた1か月は、1日1回与えます。おすすめのスタートメニューはお米のつぶし粥です。
 右上の図のように、お米のつぶし粥から始めて、野菜の離乳食、豆腐の離乳食を加えて行きます。おすすめのメニューはこちらです
 離乳食を始めて1か月たったら、1日2回食にします。量はそのままで、1日2回与えます。離乳食の後に母乳や育児用ミルクを欲しがるだけ与えます。

 

離乳食ってどうやって進めるの? 7から8か月頃


 1日2回食になれてきた頃です。離乳食の固さや、大きさ、使える食品も増えてきます。この頃のおすすめメニューはこちらです。
 離乳食が進んでいるようであれば必要ありませんが、進まないようであれば味付けをします。さとう・しお・みそ・しょうゆが使えますので、大人の3分の1か4分の1の量を使ってみましょう。

離乳食ってどうやって進めるの? 9から11か月頃


 1日3回食にすすめます。1日に食べる量も増え、使える食材も増えます。調味料では、基本的な調味料に加え、ケチャップが使えます。この頃のおすすめメニューはこちらです。
 

離乳食ってどうやって進めるの? 12から18か月頃


 1日3回食と間食(おやつ)という、食事パターンになります。離乳食からとる栄養がほとんどになり、母乳や育児用ミルクの量が減ってきます。
 前歯でかじりとったり、手づかみ食べをするようになります。離乳食も、練習ができるようなメニューを取り入れます。この頃のおすすめメニューはこちらです。
 この時期の間食は、お菓子ではなく、3回の離乳食で不足する栄養を補う食事です。ごはんやパン、いもなどの炭水化物や、ヨーグルトなどの乳製品、くだものなどを取り入れます。この頃のおすすめメニューはこちらです。

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課