母子家庭等自立支援教育訓練給付金

  • この記事の対象年齢
  • 0歳
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4歳
  • 5歳
  • 小学生以上

母子家庭等自立支援教育訓練給付金

 母子家庭の母又は父子家庭の父の就労を促進するため、指定された講座を受講した場合、終了後に受講料の一部を支給し、母子家庭や父子家庭の自立を支援する制度です。
 

対象となる方

 津山市にお住まいの20歳未満のお子さんを扶養している母子家庭の母又は父子家庭の父で、次の要件を全て受講前の講座指定申請時、及び受講後の教育訓練給付申請時の両方で満たしていることが必要です。

  1. 児童扶養手当の支給を受けている、または同様の所得水準にあること。
  2. 受講開始日現在において、雇用保険法による教育訓練給付の受給資格を有していないこと
  3. 就労経験や技能、労働市場の状況から判断して、当該教育訓練給付を受けることが適職につくために必要と認められること
  4. 過去に、本事業による教育訓練給付金を受給していないこと
  5. 市税等に滞納がないこと


 

対象となる講座

  1. 雇用保険制度による教育訓練給付金の支給対象として厚生労働大臣が指定する教育訓練講座
    (対象となる口座はインターネットで検索できます。検索はこちらから)
  2. 就業に結びつく可能性の高い講座で市長が別に定める講座


 

給付金額

 対象教育訓練の受講のために支払った費用(受講料等)の60%に相当する額を受講終了後に支給します。

  1. 給付額が12,000円を超えない場合、支給はありません。
  2. 限度額は200,000円です。


 

申請の流れ

  1. ハローワークで雇用保険法による教育訓練給付の受給資格の有無を照会 → 受給資格なしの回答
    (雇用保険法による教育訓練給付の受給資格がない場合にこの制度の対象になります。)
  2. 受講開始前に「講座指定申請書」をこども課へ提出する
  3. 「対象講座指定通知書」がこども課から送付される → 受講開始 → 受講終了
  4. 受講終了日から1カ月以内に支給申請を行う → 給付金の支給
     

 

申請に必要な書類等

対象講座指定申請
  • 申請者及びその扶養している児童の戸籍謄本 又は 児童扶養手当証書の写し
  • 学校案内(講座名、講座内容、開講日、受講日程、受講料等が記載されているもの)
  • 認印(シャチハタは不可)
  • 市税等に未納がないことを証明する書類
  • 教育訓練給付金支給要件回答書
    (ハローワーク発行、雇用保険法による教育訓練給付の受給資格を有していないことが記載されているもの)
  • 申請者の (1)から(3)のいずれか 
    (1) 個人番号カード
    (2) 通知カード
    (3) 個人番号の記載された住民票など
    ・・・(2)及び(3)の場合は申請者の本人確認書類(運転免許証等の顔写真のある本人確認書類は1種類、
       公的医療保険の被保険者証などの顔写真のない本人確認書類は2種類)が必要です。
 
給付金申請
  • 申請者及びその扶養している児童の戸籍謄本 又は 児童扶養手当証書の写し
  • 認印(シャチハタは不可)
  • 講座指定通知書
  • 受講講座の修了証明書
  • 領収証
  • 振込先口座のわかるもの

この情報に関する問い合わせ先

津山市 こども課(子育て支援係)