津山市立高倉小学校

  • この記事の対象年齢
  • 小学生以上

津山市立高倉小学校

校章

津山市立高倉小学校

 

所在地 お問い合わせ先

 ◆所在地 〒708-1123 津山市下高倉西12

 ◆お問い合わせ先 電話 0868-29-0709  FAX0868-29-1148

 ◆メール takakura@ed-tsuyama.jp 

 ◆学校公式ホームページ   http://www.schoolweb.ne.jp/tsuyama/takakura-e/

 

 

児童数・学級数

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

合計

12

11

6

6

9

2

46

14

5

10

10

8

10

57

合計

26

16

16

16

17

12

103

学級数

1

1

1

1

1

1

6(8)

  ※合計の( )は特別支援学級を含む学級数。(令和元年5月1日現在)

 

学区の様子

 高倉小学校から北を望めば、烏ヶ仙(からすがせん)が見えます。高倉地域のシンボル的な山として親しまれ、神話に登場する「八咫烏(やたがらす)」にその名の由来があり、本校の校章はこの八咫烏(やたがらす)を基調としています。5・6年生は、隔年の春に烏ヶ仙登山に挑戦していて、本校の伝統行事のひとつです。

 学区は、烏ヶ仙を源とした蟹子川と出張川の流れを囲むように水田が広がった自然に恵まれた所です。新津山市では、ほぼ真ん中に位置する地域となりました。保護者・地域の方々は学校に大変協力的で、高倉の特産である「自然薯」づくりを始めとする農業体験学習や地域・福祉体験学習、「高倉クラブ」等に外部講師として進んで子どもたちを支援してくださっています。

 

教育目標

 ゆたかな心 たしかな学力 たかくらの子

 (めざす児童像)

 ○考える子・・・・喜びいっぱい

 ○助け合う子・・・笑顔いっぱい

 ○やりぬく子・・・元気いっぱい 

 

指導の重点

 (1)心身ともに健やかで行動力のある子どもを育てる。(ゆたかな心)
 (2)主体的に学ぶ態度を育て、基礎学力の定着を図る。(確かな学力)
 (3)地域と連携し、開かれた学校づくりを推進する。(たかくらの子)

 

特色ある教育活動

 【農業体験学習】

  1~5年が農業体験学習を実施しています。地域の方との交流を通して、児童に豊かな人間性や社会性及び自主性を育み、食の大切さと自分たちの住んでいるふるさとを愛する心を養っていきたいと考えています。

  

 

 

 【地域の講師によるクラブ活動】

 地域の方々に講師になっていただき、年間8回の「高倉クラブ」を実施しています。児童はクラブ活動を心待ちにしています。講師の方々も児童とのふれあいを楽しみにしておられます。クラブで学んだ内容や成果をいろいろな場面や行事の中で発表しています。 
  


 

 【福祉体験学習】  

 4年生を中心に学区内にある福祉施設を訪問し、高齢者や障がい者の方々との交流を行っています。

 また、校内でも福祉体験学習で、車いす体験や手話体験をしており、講師の方から指導を受けています。

 


 

 【ピカピカ班活動(縦割り班活動)】

 「異学年児童とのふれあいを通して、思いやりのある子どもを育てる」「6年生児童に、リーダーとしての役割と責任を自覚させる」「リーダーを中心に、学年に応じた助け合いや友だちの良さを見つけることができる」の3点を大きなねらいとして活動しています。

 

 
 

 

 【児童会活動】

 月2回の「全校朝の会」では、運営委員が司会をし、全校みんなで今月の歌を歌ったり、委員会からの提案を行ったりします。

 高倉小学校恒例行事の百人一首カルタ大会などがあり児童はとても楽しみにしています。
 
毎朝、運営委員を中心に、あいさつ運動を行っています。
 

 
 

 

 【児童の安全確保並びに健全育成のための支援】

 「地域のみんなでたかくらの子を守ろう!」を合言葉に、高倉地区青少年を健全に育てる会をはじめ、地域の方々に児童の登下校や地域での暮らしを見守っていただいています。特に、青色防犯パトロール高倉班員によるパトロールや見守り隊の活動は、児童にとって心強い存在です。

 

 

 【地域学習(高倉の自然・風土 歴史)】
 高倉地域の自然・風土や歴史について、地域の方からお話を聞き先人の偉業を学んでいます。
 特に、「近平用水」のフィールドワークと「烏ヶ仙登山」は隔年で実施しており、本年度は5・6年生が「烏ヶ仙登山」を実施しました。

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会学校教育部 学校教育課