津山市不育治療支援事業について

  • この記事の対象年齢
  • 保護者向け

津山市不育治療支援事業について

 津山市では、医療保険の適用とならない不育治療を受けられたご夫婦に対して、治療費の経済的負担の軽減を図るため、不育治療支援事業を実施しています。

 

 ≪受付期間等≫申請の受付期間は、治療費の支払いが終了した日の属する年度末(3月31日まで)

 

  交付申請は、必ず受付期間内に行ってください。受付期間を過ぎると申請ができなくなります。
 (治療費の支払い終了後は、すみやかに申請の手続をお願いします。)

 ※3月31日が閉庁日の場合は、3月の最終開庁日までが受付期間となります。

 ※但し、3月15日から3月31日までに治療費の支払いを終了した場合は、翌年度の4月30日まで申請することができます。

 その場合は、申請を受理した日の属する年度分の申請として助成します。  

 4月30日が閉庁日の場合は、4月の最終開庁日までが受付期間となります。

 

◆補助対象者

 下記の全てに該当する方が対象です

  1.  法律上の婚姻をしている夫婦であり、かつ、申請日時点において婚姻後1年以上経過していること
  2.  夫婦いずれか一方が申請日現在、津山市に1年以上住所を有すること
  3.  一般社団法人日本生殖医学会が認定した生殖医療専門医により、不育症と診断されていること
  4.  3の診断に係る、医療保険の適用とならない不育症の治療を受けていること

 

◆補助内容

  •  受診証明書に記載されている金額の範囲内で、1,000円未満は切り捨て
  •  1人当たりの上限を1年度30万円、通算で150万円とする

 

◆申請時に必要なもの

  •  印鑑
  •  通帳など補助金の振込み口座がわかるもの(申請者ご本人のもの)

 

◆申請時に必要な書類

  1.  不育治療支援事業補助金交付申請書(様式1号) [8KB pdfファイル]
  2.  生殖医療専門医医療機関受診証明書(様式第2号) [64KB pdfファイル]
  3.  不育治療医療機関受診証明書(様式第3号) [78KB pdfファイル] 
     (2、3、は事前に医療機関で記入してもらってください。医療機関へ支払う文書料等は自己負担となります。)
  4.  津山市不育治療支援事業補助金請求書[56KB PDFファイル](こちらからダウンロードできます)                                             
  5.  戸籍謄本(夫婦双方が外国人住民の場合は、公的機関が発行した書類で市長が適当と認めるもの)

 

◆補助対象者の審査と支給方法

 市では、提出された申請書類等を審査して、補助対象者及び補助金額を決定します。

 補助対象者には、津山市不育治療支援事業補助金交付決定通知書を送付します。

 補助金の支給は、指定された金融機関口座に振り込みで行います。

 

 ※他の市町村から同種の助成金を受けている場合は、申請できません。

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課