津山市立大崎小学校

  • この記事の対象年齢
  • 小学生以上

津山市立大崎小学校


 

津山市立大崎小学校
 

 

 

 

所在地 お問い合わせ先

 ◆所在地 708-0855  津山市金井76

 ◆お問い合わせ先 電話 0868-26-1314  FAX 0868-26-1368

 ◆メール ozaki@ed-tsuyama.jp 

 

児童数・学級数

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

合計

19

12

17

14

14

20

96

19

18

11

14

16

16

94

合計

38

30

28

28

30

36

190

学級数

2

1

1

1

1

1

7(9)

合計の( )は特別支援学級を含む学級数。  (平成30年5月1日現在)

 

学区の様子

 学区の面積は11.5平方キロメートル。人口は2815人。
津山市の東端に位置し、東は勝央町(勝田郡)、南は美咲町(久米郡)に接し、従来からの農村地域である。学区の中央部をほぼ東西に国道・中国自動車道・JRが通っている。近年、学区内西部に(西吉田)に住宅団地の造成があり、さらに、津山中核工業団地(西吉田・金井)も造成されて、企業誘致がなされ、学区内の様子も徐々に変化しつつある。 
 学校近くの荒神様のお祭り(福力)はとても有名であり、毎年旧正月には数万人の人出がある。神社までの沿道には露店が多く並び、食べ物の他農機具など農村に関係の深いものも多く売られている。神社に祀られているのはスサノオノミコトでマムシ除けと安産の神様として知られる。

 

教育目標

  1. 健康でねばり強い子どもを育てる
  2. 自分で考え、進んで実行する子どもを育てる
  3. 美しいものにあこがれ、だれとでも仲良く助け合う子どもを育てる

指導の重点

  • 心身ともに健やかな子どもを育てる
  • 基礎学力の定着を図り、自ら考える子どもを育てる
  • 助け合う子どもを育てる

目ざす学校像

命を大切にし、いつも笑顔で、ありがとうの言葉が飛び交う学校

 

 ①児童にとって「今日が楽しく、明日が待たれる学校」

 ②保護者にとって「子どもを通わせてよかったと思える学校」

 ③地域の人たちにとって「地域に根ざし、応援をして良かったと思える学校」

 ④教職員にとって「働きがいのある学校」

特色ある教育活動 

 【地域の方々との豊かな体験活動】
 地域の多くの方々に支えていただいき、さまざまな体験活動を行っています。これらの経験を生かし、自らを律し助け合う子ども、感謝の気持ちをもった子ども、コミュニケーション能力の豊かな子どもに成長することを目指しています。


 

 ☆見守り隊の方との登下校

 毎朝見守り隊の方がいっしょに登校してくださいます。
 地域の方に見守られて、安全に登校しています。

 ☆家庭科での学習ボランティア

 家庭科のミシンを使った裁縫実習です。初めて使うミシンも、ボランティアの方にわかりやすく教えていただき、スムーズに実習に取り組むことができます。

 ☆サツマイモの植え付けと収穫

 毎年大きなサツマイモが収穫できます。初体験の児童が多く、楽しい時間を体験できます。

 ☆ふれあい集会

 地域の老人会の方々とむかし遊びやグラウンドゴルフを一緒に行うことを通して、お年寄りの豊かな経験や技能を知ることができるとても楽しみな会です。

 ☆『読みとどけ』ボランティア

 毎週水曜日は朝学習の時間に、『読みとどけ』ボランティアの方々が読みとどけ(読み聞かせ)を してくださいます。どんなお話が聴けるのか、子どもたちは、毎週、とても楽しみにしています。

○学校の花壇に、きれいに花を植えてくださるボランティアの方もいます。季節ごとの花を楽しむことができます。子どもたちのために、校内の環境にも目を配ってくださるボランティアのみなさんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会学校教育部 学校教育課