津山市立清泉小学校

  • この記事の対象年齢
  • 小学生以上

津山市立清泉小学校

 

津山市立清泉小学校

 

 

 

所在地 お問い合わせ先

 

 ◆所在地 〒708-1104 津山市綾部407

 ◆お問い合わせ先 電話 0868-29-1518  FAX 0868-29-1019

 ◆メール seisen@ed-tsuyama.jp
   ◆学校公式ホームページ http://www.schoolweb.ne.jp/tsuyama/seisen-e/

 

  

 

児童数・学級数

 

 

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

合計

7

9

8

5

9

6

44

4

7

8

5

2

8

34

合計

11

16

16

10

11

14

78

学級数

1

1

1

1

1

1

6(7)

 

合計の( )は特別支援学級を含む学級数。  (平成30年5月1日現在)

 

学区の様子

 本学区は、津山市の東部に位置し、加茂川を挟み旧勝田郡滝尾村、旧苫田郡神庭村からなる戸数560余りの地域であり、主要地方道津山・智頭・八東線とJR因美線が南北に走っている。古くから加茂街道の要所で、郡役所も設置されていた。そのため、教育文化の中心地として栄えた。米作を中心とした農業が主産業であるが、花の栽培木工芸等の産業も盛んである。農家は大半が兼業である。学区の人、保護者ともに教育に対する関心は高く、学校教育について理解があり協力的である。

 

教育目標

 豊かな心を持ち 自ら学び たくましく生きる 清泉の子どもを育成する。
 ・すすんで学ぶ子ども
 ・思いやりのある子ども
 ・やりぬく子ども
  ~わくわく・きらきら・笑顔が輝く学校づくり~

 

指導の重点

 ・人間関係の改善・深化を図りながら、豊かな心・健やかな体を育成する。 
 ・基礎学力の定着と、意欲的・自主的に取り組む学習態度を育てる。 
 ・教職員の指導力の向上と授業改善に努め、教育力のある学校をつくる。
 ・学校を地域に開き、信頼される学校を目指す。

    

特色ある教育活動

 (1)ペア・班学習の推進と書く力の充実 

 (2)縦割り班でのクリーンタイム・朝の運動

 (3)公開・交流の充実

 (4)地域の人材を生かしての体験活動

 (5)のびのびタイム

 (6)読書活動の推進・百人一首大会
 

 総合的な学習の時間や特別活動の時間を利用して、地域の方を講師に招いて、農業体験学習(アイガモ農法による米作り体験・野菜作り)、ふるさと掘り起こし学習(近平用水・真瀬用水・むかし遊び・昔のおやつ作り・地域に伝わる行事・林業)、交流活動(敬老の手紙・地区文化祭への参加)などを行う「地域に学ぶ会」をしています。
 

 
 子どもたちに豊かな人間性や社会性を育み、自ら学び考える力を育成するとともに、学区の恵まれた自然、人、文化を大切にし、故郷を愛する心を培うことをねらいとしています。


 

 
 1学年1クラスの小規模校なので、1年生から6年生までの縦割り集団「なかよし班」を作って活動しています。一つの班が約10人で6班あります。
 
 そのなかよし班で、毎週木曜日に朝の運動をしたり、月2回のクリーンタイムでふだんできない場所の掃除をしたりしています。

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会学校教育部 学校教育課