津山市立院庄小学校

  • この記事の対象年齢
  • 小学生以上

津山市立院庄小学校

 

津山市立院庄小学校

 

所在地 お問い合わせ先

 

 ◆所在地 〒708-0014 津山市院庄1041

 ◆お問い合わせ先 電話 0868-28-0606  FAX0868-28-0718

 ◆メール innosyo@ed-tsuyama.jp

 ◆学校公式ホームページ http://www.schoolweb.ne.jp/tsuyama/innosyo-e/

 
 

 

児童数

 

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

合計

18

9

9

9

9

12

66

10

12

11

12

17

23

85

合計

28

21

20

21

26

35

151

学級数

1

1

1

1

1

1

6(8)

合計の( )は特別支援学級を含む学級数。  (令和元年5月1日現在)
  

 

学区の様子

 津山市西部に位置し、中心部に国道179号線、181号線とつながる交通の要所としての中国道院庄インターチェンジがあり、ここを中心に工業団地や総合流通センター、商業施設などが広がっています。学区は苫田郡と隣接し、西部の境界には吉井川が流れています。学校の近くには、忠義桜や太平記で有名な作楽神社があり、観光客が訪れています。学区は、院庄、神戸、戸島の3地区からなっています。
 ・院庄地区(院庄上、院庄中、院庄東、院庄北、駅前、団地)
 ・神戸地区(神戸東、神戸西、神戸南、神戸北、神戸山根)
 ・戸島地区(戸島)

 

教育目標

 学校教育目標
 『いっしょうけんめい
         みんなで
            のびる小学生』

 ― やる気 やさしさ やりきる心 ―
 

 

 指導の重点 

 <学びあい・仲間づくりの推進と地域連携 ~自己有用感を高め、意欲的に取り組む子どもを育てよう~>
 

  ○進んで学習に取り組み、学び合いで考えを深めあう子どもを育てる。

  ○仲間と協力し、互いに支えあう子どもを育てる。

  ○最後までやり抜く粘り強い子どもを育てる。
  ○地域の自然や文化に親しみ、院庄を愛する子どもを育てる。

 

 

特色ある教育活動

 【読書活動の充実】
 本校では、年間一人100冊を目標に読書に取り組んでいます。読書の習慣が身につき、業間や昼休みには本を借りに、図書室へ通う子どもがたくさんいます。「朝読書」の時間や、学期ごとに委員会主催の「読書週間」、ボランティアの方々に「朝の読み聞かせ」をしていただくなど、本に親しむ機会を設定しています。そのため、時間があれば、自然に本に向かう児童の姿が見られます。目標達成にむけて、こつこつとがんばっています。





 

 【基礎学力向上の取組】
 算数・国語の基礎学力の向上と、学習習慣の定着をめざしています。「朝学習」の時間や「家庭学習」を工夫して、内容を読み取る力や計算する力を、確実に身につけさせるための取組を行っています。
 朝学習では、漢字の習得を重点的に取り組んでいます。また、「異学年交流」として、上学年児童が下学年児童のクラスに行き、算数プリントの採点をしたり、解き方を教えたりする活動を行っています。学力の向上と共に学年の枠を超えた温かい人間関係もつくっていきたいと考えています。

 
 

 【外部講師を招いての体験学習】
 学区内もしくは津山在住の、専門的な知識や技能を持っておられる外部講師の方々にお越しいただき、それぞれの分野の内容を、学年に応じてわかりやすく指導していただいています。日本の伝統文化である茶道・華道・書道・琴にも触れる学習を行っています。また、5年生は和太鼓に挑戦し、地域の文化祭やお祭りでも発表を行っています。さらに6年生は、地元の作楽神社にゆかりのある忠義桜の舞にも取り組んでいます。美作大学との交流授業では、リズムジャンプを通して、器械運動や陸上運動、縄跳びなどに生かしています。このように、多くのみなさまに支えられ、子どもたちに貴重な経験ができています。
 

 


 
 

 【地域・保護者との連携】
地域の方々が、「顔合わせ 心合わせ 力合わせ」「地域は学校の応援団」を合言葉に、毎朝の登校見守り、読み聞かせ、昔遊びやしめ飾り作りなど様々な活動で学校を支援してくださっています。特に、夏休みの『わくわく教室』では、40名近いみなさんが学習支援や昼食作りなどで協力していただいています。このように、地域と密着した取り組みを行っています。



 

 

【ゆとり遊び・ロング昼休み】
 毎週水曜日のお昼休み。この日だけは、掃除を無くして40分間しっかりと遊ぶことのできる時間を設定しています。この日は、学級の子ども達全員が外に出て遊びます。担任も加わり、ドッジボール、鬼ごっこなど様々な遊びに興じるひとときです。汗をかきながら歓声を上げる多くの子ども達の姿が見られます。このゆとり遊びを通して、子どもどうしの人間関係を築くとともに、体力づくりも推進しています。近年は「たてわり班活動」の取組も軌道に乗り、そうじ以外やたてわり遊びの計画も増えています。横とたてのつながりを充実させたいと考えています。

 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会学校教育部 学校教育課