津山市不妊治療支援事業について

  • この記事の対象年齢
  • 保護者向け

津山市不妊治療支援事業について

 津山市では、体外受精や顕微授精(特定不妊治療)を受けられたご夫婦に対し、経済的負担の軽減を図るため、不妊治療支援事業(特定不妊治療費助成事業)を実施しています。
 なお、津山市では平成27年度から一定の男性不妊治療を行った場合、助成金額の上乗せを行っています。

 ≪受付期間等≫ 申請の受付期間は、治療費の支払いが終了した年度末(3月31日まで)です。

 交付申請は、必ず受付期間内に行って下さい。受付期間を過ぎると申請ができなくなります。

 (治療費の支払い終了後は、すみやかに申請の手続をお願いします。)  

 ※3月31日が閉庁日の場合は、3月の最終開庁日までが受付期間となります。

 ※但し、3月15日から3月31日までに治療費の支払いを終了した場合は、翌年度の4月30日まで申請することができます。
 その場合は、申請を受理した日の属する年度分の申請として助成します。
 
4月30日が閉庁日の場合は、4月の最終開庁日までが受付期間となります。

 

助成対象者

 ※下記のすべてに該当する方が対象です。

 1 岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成を受けているご夫婦

 2 法律上の婚姻をしているご夫婦であり、かつ、ご夫婦いずれか一方が申請日現在、津山市に1年以上住所を有する方

 3 体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)以外の治療法では妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断されている方、くわえて平成27年4月以降に、特定不妊治療の一環として、精巣または精巣上体から直接精子を採取する治療(いわゆるTESE、MESA等)を行った場合。ただし、「岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成を受けられた方が対象になります。

 

助成内容

  •  医療機関の領収金額(受診証明書に記載されている金額)から岡山県の助成額を引いた金額の2分の1以内(1,000円未満は切り捨て)で、1回の治療につき10万円を限度
  •  1年度当たり2回を限度で、初年度から5年以内に夫婦1組につき4回まで助成
  •  一定の男性不妊治療を行った場合の上乗せ助成額は上限15万円

 

◎申請時に必要なもの

  •  印鑑
  •  助成金の振込み口座がわかるもの(申請者ご本人のもの)

 

◎申請時に必要な書類

 1 津山市不妊治療支援事業助成金交付申請書[94KB PDFファイル]

 2 不妊治療支援事業 受診証明書[95KB PDFファイル]   

    来庁前に医療機関で記入してもらってください。医療機関へ支払う文書料等は自己負担となります。

    ※上記1、2の様式は、様式名をクリックしてダウンロードできます。

   (PDFファイルを開くにはAcrobatReaderが必要です。 こちら からダウンロードしてください。)

 3 津山市不妊治療支援事業助成金請求書[55KB PDFファイル](こちらからダウンロードできます)

 4 岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業 承認決定通知書(写)

 

◎助成対象者の審査と支給方法

 津山市では、提出された申請書類等を審査して、助成対象者を決定、承認します。

 助成対象者には、津山市不妊治療支援事業助成金交付決定通知書を送付します。

 助成金の支給は、指定された金融機関口座に行います。

 

 ※他の市町村から同種の助成金を受けている場合は、申請できません。

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課