• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市歴史的風致維持向上計画

 歴史まちづくり法とは

 我が国のまちには、城や神社、仏閣などの歴史的価値の高い建造物が、またその周辺には町家や武家屋敷などの歴史的な建造物が残されており、そこで工芸品の製造・販売や祭礼行事など、歴史や伝統を反映した人々の生活が営まれることにより、それぞれの地域固有の風情、情緒、たたずまいを醸し出しています。しかしながら、維持管理に多くの費用と手間がかかること、高齢化や人口減少による担い手が不足していることにより、歴史的価値の高い建造物や歴史や伝統を反映した人々の生活が失われつつあります。
「歴史まちづくり法(地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律)」はこのような良好な市街地の環境(歴史的風致)を維持・向上させ、後世に継承するために、平成20年11月4日に施行されました。

歴史的風致とは

 「地域におけるその固有の歴史及び伝統を反映した人々の活動と、その活動が行われる歴史上価値の高い建造物及びその周辺の市街地とが一体となって形成してきた良好な市街地の環境」と定義(法第1条)しており、ハードとしての建造物と、ソフトとしての人々の活動を合わせた概念です。
 そのため、単に歴史上価値の高い建造物が存在するだけではなく、地域の歴史と伝統を反映した人々の活動が展開されていて初めて歴史的風致が形成されるものとし、この歴史的風致をそのまま「維持」するのみならず、歴史的な建造物の復原や歴史的風致を損ねている建造物の修景等の手法によって、積極的にその良好な市街地の環境を「向上」させることを目的としています。

           歴史的風致概念図

 

津山市歴史的風致維持向上計画の認定について

 本市では、平成21年7月に「津山市歴史的風致維持向上計画第1期」(計画期間:平成21年度から30年度)を策定し、国の認定を受け、計画に基づいた歴史的風致の維持向上に関する事業に取り組んできました。
この「津山市歴史的風致維持向上計画第1期」が平成30年度で計画期間が終了したため、継続して歴史まちづくりに取り組むため、「津山市歴史的風致維持向上計画第2期」(計画期間:平成31年度から令和10年度)を策定し、平成31年3月26日に国の認定を受けました。
第2期計画では維持向上すべき歴史的風致を5つに整理し、これまでの1期計画の取組みの成果と課題を活かした内容に見直しを行いました。
今後も継続して津山市の歴史的風致の維持向上に努めていきます。




    歴史的風致維持向上計画認定証
 

津山市歴史的風致維持向上計画について

 津山市歴史的風致維持向上計画2期(全体版)

 表紙・目次 序章[1,016KB PDFファイル]
 第1章[20,599KB PDFファイル]
 第2章[27,317KB PDFファイル]
 第3章[7,272KB PDFファイル]
 第4章[3,222KB PDFファイル]
 第5章[436KB PDFファイル]
 第6章[2,547KB PDFファイル]
 第7章[2,940KB PDFファイル]
 第8章[33KB PDFファイル]
 資料編[188KB PDFファイル]

 津山市歴史的風致維持向上計画2期(概要版)
 津山市歴史的風致維持向上計画2期(概要版)[8,484KB PDFファイル]

 津山市歴史的風致維持向上計画2期(概要図)[484KB PDFファイル]

 

(参考)歴史的風致維持向上計画認定都市一覧

 国土交通省 歴史まちづくりホームページ (外部リンク・新しいウィンドウを開きます)
 

津山市歴史的風致維持向上計画の進行管理・評価について

 計画に掲げた取組の着実な実施を通じて歴史的風致の維持及び向上に関する方針が達成できるよう、計画期間中の適切な時期に進行管理・評価を実施しています。
 
 平成30年度進行管理・評価シート【進捗評価】[435KB PDFファイル]
 

社会資本整備総合交付金(街なみ環境整備事業)について

 津山市歴史的風致維持向上計画に基づく事業の一部について、国土交通省の社会資本整備総合交付金(街なみ環境整備事業)を活用しています。
事業実施にあたっては社会資本総合整備計画を作成し、住環境の整備を推進しています。
 

 目的

 街なみ環境整備事業は、住宅が密集し、かつ、生活道路等の地区施設が未整備であること、住宅等が良好な美観を有していないこと等により、住環境の整備改善を必要とする区域において、住宅や道路、集会所、公園等の地区施設等の整備改善を行うことで、ゆとりとうるおいのある住宅地区を形成することを目的としています。
 

 事業区域

 この事業の対象区域には、街なみ環境整備方針において定める「街なみ環境整備促進区域」と街なみ環境整備促進区域内で定める「街なみ環境整備事業地区」があり、地区施設等の整備は、街なみ環境整備事業地区内で行われます。

 津山市では、城東地区、城西地区を街なみ環境整備事業地区に設定し、住環境整備を推進しています。
 

 社会資本総合整備計画

 社会資本総合整備計画書[135KB PDFファイル]

 城東地区街なみ環境整備方針説明書[11KB PDFファイル]

 城西地区街なみ環境整備方針説明書[9KB PDFファイル]


 事後評価

 事後評価[76KB PDFファイル]
 添付図面[2,755KB PDFファイル]

 
 事業概要
【城東地区】
  • 地区面積  159ha
  • 事業内容  道路美装化、小公園整備、生活環境施設整備、案内板整備、歴史的風致形成建造物整備等
     
【城西地区】
  • 地区面積  121ha
  • 事業内容  道路美装化、小公園整備、案内板整備等



 

      

この情報に関する問い合わせ先

津山市 歴史まちづくり推進室
  • 直通電話0868-32-7000
  • ファックス0868-32-2154
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 東庁舎2階
  • Eメールmachizukuri@city.tsuyama.lg.jp