• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

久米地域の観光のご案内

久米地域の観光のご案内

 
虎斑竹(とらふだけ) (津山市南方中)
虎斑竹(とらふだけ) 虎斑竹は夜叉竹(ヤシャダケ)の幹に虎斑菌が寄生して、美しい黒い斑紋を呈したもので、斑竹の種類の中でも特に珍しく、トラフダケの自生地として、国指定天然記念物(昭和51年)に指定されています。
 
 
梅の里公園 (津山市神代)
梅の里公園

神代地区の5ヘクタールに旧久米町の町木である梅の木を植栽しています。
公園の中には、展望台、トイレ、販売所などを整備しています。(営業時間 特に定めなし、定休日 無休)


 

   
岩屋城跡 (津山市中北上)
岩屋城跡 出雲街道に面する美作西部の要衝にあたり、嘉吉元年(1441)美作国の守護職となった山名教清(のりきよ)が築城したもので、戦国時代諸将の争奪の中心となり、数度の激戦が展開されましたが、天正18年(1590)野火のため焼失し廃城となりました。
美作地方の代表的な中世の山城遺構として貴重なもので、県指定史跡(昭和60年)に指定されています。
なお山中には、本丸跡、水門、井戸、慈悲門寺跡などが残っていて、城跡への登山道や遊歩道、休憩所が整備されています。登山道をのぼると山頂から雄大な展望を望むことができます。
   
ほたるの里 (津山市宮部上)
ほたるの里 久米川の支流、宮部川の上流にあるほたるの里は、600平方メートルの広さの公園です。ここには休憩所があり、初夏には、陽が沈むころ、ホタルが飛びかう光景を見ることができます。
   
トンボの里 (津山市宮部上)
トンボの里

宮部川の川岸にトンボの里があります。キャンプサイト、休憩所、炊事棟、トイレ、駐車場が完備されています。

パークロード・白鳳の広場 (津山市宮尾)
パークロード・白鳳の広場 パークロード白鳳の広場は、道の駅「久米の里」の隣にあります。
中央に県指定史跡「久米廃寺」を記念して作られた、高さ14メートル、ステンレス製のモニュメント「五重塔」があります。

 
   
中須賀船着場石灯龍 (津山市宮尾)
中須賀船着場石灯龍 中須賀は、吉井川の船便と宿場町として栄えた地域で、出雲街道の要衝の1つでした。
石灯籠のうち、金比羅灯龍は嘉永7年(1854)の建立で高瀬船の船着場に建てられ、灯台の役目をしたようです。
後に河川改修のため現在の位置に移されました。
   
三成古墳 (津山市中北下)
                                               5世紀初頭ごろに築造されたと推測される全長35メートルの前方後方墳。5基の箱式石棺を埋葬主体として
                います。国指定史跡(昭和54年)に指定されています。
 
貴布弥神社(きふねじんじゃ) (津山市桑上)
貴布弥神社(きふねじんじゃ) 祭神は高寵神(たかおかみ)、闇寵神(くらおかみ)ほか八柱をまつり、古くは久米郡の庄「大宮」と呼ばれ、明治初年に現社名に改号されました。
社伝によると崇神天皇の時代に山城国(京都府)貴船神社を観請したとされています。
現社殿は明治21年(1888)の改築で、境内の奥御前神社は「狼様(おおかみさま)」と呼ばれ、盗難悪疫除けの神として広く民間の信仰を集めています。
狼様祭りは毎年12月13日から15日までの3日間行われています。
   
芦ケ谷遺跡竪穴式復元住居 (津山市神代)
芦ケ谷遺跡竪穴式復元住居 芦ケ谷遺跡は、竪穴式住居五棟、建物四棟、段状遺構などが発見され、古墳時代前期の集落遺跡であるといわれています。
ゴルフ場の緑の中に復元された竪穴式住居からは、当時の生活様式がしのばれます。
道の駅「久米の里」 (津山市宮尾)

                 ふれあい・親しみ・憩いをテーマにした地域密着型の道の駅です。
                 久米地域の特産品(農産物・加工品等)の販売、地域食材を利用した食堂があります。

                 道の駅「久米の里」については、こちらをクリックしてください。

小滝 (津山市八社)
 

                 高さ15メートルの上の滝、高さ7メートルの下の滝との、上下に連なっている滝で、遊歩道があり散策もで
                                              きます。
                 6月から7月ごろには、滝の周囲一面にアジサイの花が咲きます。