• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

全長7m!巨大ロボットに夢乗せて

 

   津山市西部の道の駅「久米の里」に鎮座する巨大ロボット( 2000年 (平成 12) 10月設置 )。

 コクピット内( 腹部 )に人が乗り込み操作できる2足歩行型有人汎用機械をコンセプトに、市内 久米地域在住 の中元正一さん( 1964年生まれ)が自ら設計図を描き製作したものです。

   モデルは「機動戦士Zガンダム (藤田一己版) 」、機体内部骨格は鋼製、外装は繊維強化プラスチック、脚部には動かせるように、 片脚につき6箇所の 関節があり、油圧装置が組み込まれています。

 自宅そばに足場を組みたった一人で 7年をかけ製作した 巨大ロボット、歩行という夢は未完成ながら、現在 「道の駅久米の里」で多くのお客様をお迎えしています。

  いつか製作者の夢を乗せて、このロボットが歩く姿を見たいものです。

 

  詳しくは「道の駅久米の里 HP」をご覧ください。

   リンク: http://michinoeki-kumenosato.com/

この情報に関する問い合わせ先

津山市 観光振興課
  • 直通電話0868-32-2082
  • ファックス0868-32-2154
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールkankou@city.tsuyama.lg.jp