• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山から出た赤穂義士

神崎与五郎則休(かんざきよごろうのりやす)
 赤穂義士のひとり神崎与五郎は、代々津山森家に仕えた武士の家に生まれ、その少年時代を津山の城下町で過ごした。幼い頃から文武に秀でた子として知られていたらしく、様々な逸話が伝えられている。
 津山森家の改易の後、赤穂浅野家に召し抱えられ、五両三人扶持と役料五石が与えられていた。元禄十五年の吉良邸討ち入りでは表門に配され、討ち入りを成し遂げた後、元禄十六年二月、預けられていた水野忠之邸で自刃した。三十八歳。
母の墓

 


 
茅野和助常成 (かやのわすけつねなり) 
松風庵  津山市河辺に松風庵という観音堂がある。遙か天平の頃からの由緒を持つというこの観音堂で、ひたすら祈念し続ける男がいた。故あって森家を退いた茅野武助、後の赤穂義士茅野和助の父である。和助は、この父の下で兵書軍学を学び、赤穂浅野家に五両三人扶持と役料五石で仕官していた。
 元禄十五年の吉良邸討ち入りの時には、裏門から攻め入り、翌元禄十六年二月、神崎与五郎と同じく、水野忠之邸で自刃した。三十七歳。


 

 




 


 


<茅野和助の碑(河辺)>

茅野和助の碑

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会生涯学習部 文化課
  • 直通電話0868-32-2121
  • ファックス0868-32-2147
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 東庁舎3階
  • Eメールbunka@city.tsuyama.lg.jp