• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

仁徳天皇と黒媛のロマンに満ちた伝説 「黒媛物語」

   山縣(やまがた)に蒔(ま)ける菘菜(あをな)も吉備人と
          共にし採めば楽しくもあるか   (「古事記」より)
~水原古墳(伝黒媛塚)歌碑~

   黒媛(くろひめ)は吉備の海部直(あまべのあたへ)の娘で容姿端麗であったために都に召され,仁徳天皇の寵愛を受けていましたが,皇后の嫉妬にあい山形(現在の津山市新野山形)の地へ帰されました。
   その黒媛を慕って仁徳天皇がわざわざ草深い山形まで行幸されたというはかなくも仲むつまじい物語があり,津山市新野山形の水原古墳(伝黒媛塚)より出土した130点余の貴重な史料は現在東京国立博物館に保管されています。
~ミュージカル「黒媛物語」より~

  

この情報に関する問い合わせ先

津山市 勝北支所産業建設課
  • 直通電話0868-32-7024(産業)  0868-32-7025(建設)
  • ファックス0868-36-6901
  • 〒708-1205岡山県津山市新野東567
  • Eメールsh-sangyou@city.tsuyama.lg.jp