• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市下水道工事競争入札参加申請要領

 下水道工事の入札参加申請をされる際は、下記の要領で申請をお願いします。

1.津山市下水道工事競争入札参加業者選定要綱

 要綱は、 こちら をご覧ください。

 

2.要綱の概要

  • 下水道工事入札参加を希望される方は、「開削工法」と「推進工法」とに区別し、それぞれ個別に申請すること。
【開削工法】
 

1.会社としての要件

 (1) 土木工事の等級格付けにおいてAランク以上に格付けされていること。

 (2) 会社として1件 1,500万円以上の開削工法の工事実績を有する年度が2回以上あり、うち1回は津山市が発注した
        工事を含む年度であること。(本市職員が現地確認したものに限る。また、うち1回は申請の前年度または前々年
        度であること。)

   (3) 資本金又は自己資本金額が3,000万円以上であること。

 
  (4) 技術者(一級土木施工管理士等)を総数で4人以上置いていること。
      

2.技術者の要件

 ・ 技術者のうち1名以上は、建設業法上の主任技術者として 1 件 1,500万円以上の開削工法の工事経験を有する年度
       が2回以上あること
。(うち1回は申請の前年度または前々年度であること。)

 
  • 推進工法の指名業者になろうとする場合は、開削工法の指定業者であることが前提となります。

 推進工法の指定業者の資格要件は、下記のとおりです。

【推進工法】

1.会社としての要件

 (1) 開削工法の指定業者であること。

 (2) 開削工法の業者として認められた後、1件 1,500万円以上または合計で2,000万円以上の推進工法の工事実績を有
        する年度が2回以上あること。(本市職員が現地確認したものに限る。また、うち1回は申請の前年度または前々年
        度であること。)    

2.技術者の要件

 ・ 開削工法の技術者要件を満たす技術者のうち、1名以上は建設業法上の主任技術者として 1件 1,500万円以上また
       は合計で 2,000万円以上の推進工法の工事経験を有する年度が2回以上あること。(うち1回は申請の前年度または
       前々年度であること。)

 

3.申請書および添付書類

 (1)開削工法 ・・・・・ 様式第1号( Excel )   別紙1( Excel ) 別紙2( Excel )

 (2)推進工法 ・・・・・ 様式第1号( Excel )  別紙1( Excel ) 別紙2( Excel )

 

4.注    意    事    項

  • 現在、下水道工事の指定業者になっており、引き続き、開削工法の指定業者を希望する場合は 様式第1号のみ 提出のこと。
  • 新規 の場合には、 様式第1号、別紙1、別紙2、その他必要書類の全て を添付し申請すること。(その他必要書類は様式第1号の注意書きをご覧ください。)
  • 開削工法と合せて推進工法も希望する場合は、それぞれの工法ごとに申請のこと。

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 契約監理室
  • 直通電話0868-32-2019(工事・コンサル) 0868-32-2018(物品・役務)
  • ファックス0868-32-2150
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所6階
  • Eメールkeiyaku@city.tsuyama.lg.jp